旦那と言う呼び方に違和感を感じる理由は下品な印象があるから!?

スポンサーリンク

自分の配偶者を「旦那」と呼ぶことに違和感があるけど、なんでだろう?じゃあ何と呼べばいいのかな?と、疑問をお持ちではないですか?

 

その違和感の正体は2つ考えられます。

 

1つは、その響きに下品な印象があるということ。

「昨日、旦那がさぁ…。」何だか下品な感じがしませんか?これが違和感につながると考えられます。

 

もう1つは、「旦那」は元々、男性への敬称なので、主従関係を感じさせるということ。

働き方が多様化し、共働き家庭が増えている現代。

 

“男性と女性の主従関係があるのはおかしい”、“男性と女性は対等であるべき”という考え方が、ずいぶん浸透してきましたよね。

 

この価値観の変化が、男性の配偶者を“旦那”と呼ぶことへの違和感を与えていると考えられます。

 

では、違和感のない呼び方はあるのでしょうか?

 

男性の配偶者への呼び方はいろいろありますが、個人的に一番違和感なく使えた呼び方は、「夫」という表現です。

 

この記事では、『「旦那」に下品な印象を受ける理由』と『第三者に配偶者のことを話すときの呼び方』を詳しくお伝えしていきますね。

 

 

スポンサーリンク

旦那と言う呼び方が下品なのは尊敬の程度が低く感じるから!?

実を言うと、ちょっと前まで自分の夫のことを“旦那”と呼んでいた私。自分でそう呼びながら、頭の中では、「なんか下品な感じがするなぁ。」と思っていたんですね。

 

ただ、私の周りには、そう呼んでいる人がわりと多かったので、あまり深く考えることなく、使い続けていました。

 

でも数ヶ月前、この呼び方について、深く考えさせられる出来事があったんです。

 

その日は昔からの友人と電話で話していました。そうしたら、友人が“旦那”を連発!

「うちの旦那ってね…。」、「旦那の仕事がさ…。」…。

 

聞いているうちに、「ものすごく荒っぽいし、下品!」と感じ始めたんですね。

 

その友人は、どちらかというと、温和でおしとやかなタイプですが、“旦那”を連発していると、その印象は正反対なものに…。

 

自分の配偶者のことを“旦那”と呼ぶことで、使っている友人の印象まで変わってしまうのか!と驚きでした。

 

友人との電話の後、早速、“旦那”について調べてみることに。

調べた結果、「旦那という呼び方が下品に感じる理由」が見えてきたので、ご紹介していきますね。

 

先ほどお話したように、“旦那”という呼び方は、本来、男性への敬称です。

敬称なのに、どうして下品な印象を受けるのでしょうか。

 

それは、「尊敬の程度がとても軽いから」なのです。

 

だから、相手を敬って呼んでいる印象をほとんど受けないのです。それよりも、何だか荒っぽい響きの方が強く出てしまっていますね。

 

時代劇などでも、登場人物が、ニヤニヤしながら、「旦那〜」と言っているのを思い出すと、荒っぽさ・何だか下品な感じが想像できるのではないでしょうか。

 

“旦那”という呼び方が下品な印象を受ける理由は、「本来は男性への敬称だが、尊敬の程度がとても低く、響きが荒っぽいから」だと言えます。

 

 

旦那と言う呼び方で第三者にどのように言えば良いのか!?

“旦那”という呼び方が、主従関係を連想させることや、下品な印象を受ける理由を知ると、友人などの第三者に対して、その表現を使うことに、ますます抵抗を感じ始めました。

 

ではほかに何と呼べばいいのでしょうか?

こちらも調べてみましたので、ご紹介しますね。

 

男性の配偶者の呼称はいろいろあります。

旦那、主人、亭主、夫…。

 

この中で、「旦那、主人、亭主」は、いずれも配偶者への敬称になります。

 

ですので、「男性と女性は対等であるべき・主従関係はおかしい!」という、現代の考え方には、そぐわないと考えられます。

 

一番、波風が立たず、適切だと思われるのが「夫」という呼び方。

「うちの夫がね…。」「昨日、夫がね…。」…。

 

“夫”という呼び方は、下品で荒っぽい響き、感じないと思いませんか?

 

少し前に、学生時代の友人と電話で話していたときのこと。

その友人は、「この前、うちの夫がね…。」と自然に“夫”を使っていたのです。

 

このときに“夫”という呼び方は、落ち着いた印象があるのだなぁと感じました。

「私も、これから“夫”を使おう!」と決心する出来事でした。

 

また、“夫”は主従関係のない表現なのです。

 

下品な響きもなく、主従関係もない“夫”という呼び方。現代にはぴったりだと考えられます。

 

 

まとめ

友人・知人との会話で“旦那”を使ってきた私ですが、今は使うのをやめました。

代わりに、“夫”という表現を使っています。

 

“夫”だと、“旦那”を使っていたときに感じていた違和感もなく、「下品だなぁ」という印象もなく、とても良いです。

 

逆に、自分が落ち着いた大人の女性になったような気さえするので、不思議なものです。

 

時代の流れで、配偶者への呼び方も変化してきているのですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました